インターネットビジネス展開の仕方

    インターネットビジネスを行うことについては、多くのメリット・魅力があることは言うまでもありません。

    例えば

    1.「24時間人を雇うことなく販売してくれる」こと。

    2.自分の住んでいる地域だけでなく日本中・世界中に情報を配信してくれるor商品を販売してくれる。

    3.テレビなどに比べて広告料が安い

    4.10円からでも広告をだせる

    5.効果を測定しやすい

    6.土地など物理的なものを借りる必要がない

    などなど多くのメリットがあります。

    とても素晴らしいインターネットのビジネス展開ですが準備しなければならないものもあります。

    ・例えば住所にあたるドメイン

    ・ホームページをインターネットに表示するサーバ

    ホームページそのもの

    ・各種インターネット広告の手配

    などあげられます。

    これらはHP制作業者や広告代理店など活用してビジネス展開を行えば良いのですが、発注のポイントや広告のポイントなどご紹介します。


    • 良質なパンフレットを作成するべし

    • 営業・販促ツールには様々なものがあります。もちろんホームページもその一環ですが、ホームページを見にきてもらうためにはパンフレットも必要です。

      特に、多くの人に知ってもらう場所である展示会などでは複数のパンフレットをもらうので、どれだけできがいいかでもらってただ捨てられるだけになってしまうか、見られて問い合わせに繋がるかは決まってしまいます。

      パンフレットに入ってる情報はこれでいいのか、きちんと顧客にメリットを訴求できているのか、デザインはもっとよくできないか、、悩みはつきません。会社のことを一番良く知ってるのは会社の人間ですが、客観的な視点を持たなければ、本当に良いものはできないのではないでしょうか。

      素人考えでデザインなどをあれこれ考えるよりもできるだけプロにお任せするのが賢い選択です。そんな会社の価値や商品の価値・内容をきちんと伝えるパンフレットなら、パンフレット作成のパンフファクトリーがおススメです。

      パンフファクトリーはテンプレートから完全オリジナルまで予算に合わせて柔軟に対応してくれます。下手な印刷会社よりも優れているのは、こちらを運営しているのがホームページ作成会社だからではないでしょうか。やはり情報の整理・出し方が上手いんだと思います。

    • デスクトップ仮想化(VDI)とはなんですか?

    • 仮想化といって真っ先に思いつくのはサーバー仮想化だと思いますが、最近ではデスクトップ仮想化の方も注目されています。
      それには理由がありまして、企業内で運用しているコンピュータを台数ベースでみると、圧倒的に大きな割合を占めているのは、クライアント端末です。サーバーの数の方が多いなんて企業はそうはありませんよね。

      つまり、最も物理的な数が多いクライアント端末を仮想化して効率化しようというのが、デスクトップ仮想化(VDI)であり、注目されている理由なのです。
      デスクトップ仮想化とは、各クライアント端末で個別に稼働させていたOSやアプリケーション、データなどをサーバ上の仮想化基盤に統合し、集中管理を行う仕組みです。これをシンクライアント環境という場合もあります。

      複数のデスクトップ環境を一台のサーバーに集約できるため、コスト面、それからセキュリティ面など様々な面でメリットがあるため、企業としては最も取り入れやすく検討すべき仮想化なのではないでしょうか。
      更に詳しくデスクトップ仮想化(VDI)を知りたい方はこちらをご覧ください。仮想化トップ企業のVMwareの分かり易い解説サイトです。

    • 個人情報保護の重要性について

    • 大手企業の顧客情報流出が相次いでいます。大手、上場企業であれば安心といった神話は崩れつつあるといっていいでしょう。膨大な量の顧客情報を扱うにあたって、下請けで管理をする、非正規社員が対応する、ということは決して珍しいことではありません。もちろん個人の危機管理能力によるところが大きいと思いますが、起業家は誠意をもって個人情報を保護する姿勢がより重要になってくるでしょう。

      156841969

      現代の企業経営においては、個人情報をはじめとする多くの重要な情報がITを背景として使われています。こういった重要な情報を取り扱う以上、適切に扱えることこそが企業としての信頼に繋がります。人的な流出は組織体制ですが、万が一にもウイルスなどで情報が流出してしまっては企業としての信頼は失墜します。

      ベンチャー企業といえども、きちんと情報セキュリティのプロフェッショナルに任せることが望まれます。



↑ページトップへ戻る