インターネットビジネス展開の仕方

    インターネットビジネスを行うことについては、多くのメリット・魅力があることは言うまでもありません。

    例えば

    1.「24時間人を雇うことなく販売してくれる」こと。

    2.自分の住んでいる地域だけでなく日本中・世界中に情報を配信してくれるor商品を販売してくれる。

    3.テレビなどに比べて広告料が安い

    4.10円からでも広告をだせる

    5.効果を測定しやすい

    6.土地など物理的なものを借りる必要がない

    などなど多くのメリットがあります。

    とても素晴らしいインターネットのビジネス展開ですが準備しなければならないものもあります。

    ・例えば住所にあたるドメイン

    ・ホームページをインターネットに表示するサーバ

    ホームページそのもの

    ・各種インターネット広告の手配

    などあげられます。

    これらはHP制作業者や広告代理店など活用してビジネス展開を行えば良いのですが、発注のポイントや広告のポイントなどご紹介します。


    • 会社案内は営業ツールになる?

    • 会社案内のパンフレットは多くの企業で採用されています。それはその会社の営業マンが自社を紹介する時に必要となる大事なツールでも有ります。営業では多くは初対面となり、実際にその会社の内容を伝えるには色々説明しなければ相手に理解してもらえず、結果として仕事を受注する事が出来なくなります。そして、会社案内はただその会社の内容を文書にしていれば良い訳では有りません。

      まずは相手に興味を持ってもらう必要が有ります。その為には写真や図をうまく利用して、文章は簡潔に、見出しは大きくする事が大事です。そして一番は会社名がすぐに分かる事です。案外、会社名が他の文字と似た大きさや書体で読みづらい物も珍しく有りません。社名は他の文字より大きめで、書体はあまり凝りすぎないと読みやすいです。そして営業で使用するものですから、会社の特徴も簡潔に紹介されている事が大事です。社歴、事業内容、主力事業、そして今後の展望などを写真や図を交えて必要最小限の文章で説明出来る内容にします。相手が理解しやすい会社案内で有る事が最も重要です。あまり詳細な説明で文章が多くなると読む方も時間が掛かり面倒になります。詳しい内容は実際に相手がその会社に興味をもってくれてから説明すれば済みます。

      小さい会社であればオフィスや設備などより優先してお金を掛けてほしいのが会社案内です。やはり小さい会社だからこういうのをしっかりしておくことは重要です。まずは実績、そして対面で個人を見てもらう以上に、まずは会社の名刺代わりとなるのが会社案内です。ただし、確かに凝れば凝る程コストはかかります。ではどうすればいいか、それは簡単です。安くて質のいいところを使えばいいだけです。ソフトコミュニケーションズの会社案内作成サービスは、非常に質もよく、安いと評判です。まあ、こだわればこだわる程にコストは上がりますが、それでもコスパはいいです。実はこちらの会社ってWeb制作会社なんですよね。デザインまでは出来てしまうので、印刷のルートさえあれば確かにできますね。おすすめです。

    • 起業して会社を設立るために

    • インターネットに関わる仕事に早10年以上携わっていますが、みなさんインターネット業界の仕事においてもっと起業しやすい職種って何だと思いますか?私も含めてですが、周りで最も起業しているのが多い職種はWebデザイナー(Web制作者)ではないかと思っております。
      このホームページを作る人間は、まぁ手に職が就いているのでくいっぱぐれずらい面もあるのですが、最近ではCMSが登場したのもあり制作料金がどんどん下がっていっている傾向にあります。特にコーディングの料金は海外への発注なども増えているので大幅下落中です。もっともしっかりとしたWebサイトを作ると検索エンジンの評価が高いことから、そういった点では需要が増えています。

      インターネット業界といえば起業して一発当てるなていう野心をお持ちの方も多いでしょうが、これから起業しようと思っている人は、きっと既に起業されている方にお話を聞いてなんとかしようと思っている方が多いと思います。

      でも、そんな今や立派な経営者の方でも、起業する時や、起業したばかりの時は不安で一杯だったはずです。もちろん、その経験を聞くに越したことはありませんが、それでも「どんな書類を、どこに出せばいいの?」とか、「税金を払う時に損しないために必要なものは?」とか、「お金ってどこで貸してくれるの?」などあらゆる悩みはつきまとうものです。

      そのような時、実は正解はそういった部分をサポートしてくれる会社を使う事なのです。実際に、起業時の会社設立をサポートしてくれる会社は沢山あります。特に東京は起業する人が多いため、会社設立のサポート会社選びはよりどりみどりです。大事なのはいい会社に出会えるかどうか。そこはこちらの『会社設立サポート会社 東京編』を参考にしてみても良いかもしれません。こちらでは、お薦めの会社設立サポートの会社を徹底調査し、どこがいいかきちんと記載してくれています。予算など様々な面から欲しい情報のはずですので、まぁこのサイトにある情報の会社から必ずしも選ぶ必要はないですけれども、目を通しておいて損はないサイトだと思いますよ。

    • 電話通訳って良さげではないですか?

    • Web制作なども含めインターネットを仕事にする私たちにとって英語スキルはある意味必須ともいえるスキルになりつつあります。いやもとをただせば最初から必須だったのかもしれません。しかしながら私はこの業界に10年以上身を置いていますが全く英語ができません。英語ができるとアメリカの最新情報やヨーロッパの面白いツールなど色々知り得るわけですし、海外の企業とも仕事ができるので世界は大きく変わります。もっとも仕事の幅を増やしたいのであれば、最近知ったのですが通訳を使えばいいのかなとも思うようになりました。
      一般に「通訳」といえば、VIPゲストに付き添う通訳者などがイメージさ れます。このような通訳は、その筋の専門家でもあり、事前に準備がなされていますから入念な準備がありきの通訳になります。一方、我々一般事業者が必要と する通訳とは、その場の対応に必要なスピード通訳ですよね。そこで導入を検討されるとよいのが電話通訳というサービスです。
      電話通訳サービスは、電話さえ あればいつでもどこからでもその場で言語サポートが受けられることができるサービスになります。24時間365日対応が基本なので、必要な時に利用でき、 常時スタッフを置いて無駄な人件費を発生させることもありません。ただ、大切なのは何事でもそうですが会社選びになります。『業務効率アップ!電話通訳会社ランキング』では評判の電話通訳会社を独自調査の上でランキングしています。使ってみたけどちゃんと対応できてるか言葉が分からないから判断できないということになる前に、事前に第三者の調査資料を読んで、信頼できる業者を選ぶことは大切ですよ。
       
      まぁ調べていくうちに前述した電話通訳のまとめサイトなど見つけたのですが結構色々な会社があることをしりました。中には大手企業の子会社がサービスとして提供していたりします。では調べた会社を紹介していきます

      電話通訳会社その1 KDDIエボルバ

      KDDIグループでカスタマーサポート・人材ビジネスを担う電話通訳会社KDDIエボルバは、会社全体の更なる成長を目指すため、社員同士のコミュニケーションを大切にしています。その例として、新卒1年目の若手社員から会社をまとめる部長クラスまで、役職に関係なく毎月各テーマに沿ったディスカッションを行っています。そして、様々な新しい取組みに力を入れて活気ある社風を実現することにより、企業や就職活動を行っている方からも高い支持を得ています。このように、会社全体でワンランク上のステージを目指す姿勢は様々な分野からも高く評価されています。

       

      電話通訳会社その2 NTTマーケティングアクト

      電話通訳会社であるNTTマーケティングアクトは、外国人の顧客に対応できるスタッフがいない企業やコストの問題から担当のスタッフを雇う事ができない企業のサポートを行っています。様々な外国語に対応できる体制を取っています。また、利用する時間に応じて料金が異なるシステムを採用しています。

      NTTマーケティングアクトは、特定の曜日や時間帯だけサービスを利用できるシステムも導入しています。依頼してきた企業が顧客の外国人とスムーズにコミュニケーションを取る事に力点を置いています。

       

      電話通訳会社その3 Nスピーク

      電話通訳会社Nスピークとは、いつでもどこからでも、電話をかけるとプロの通訳者が応答し、必要なだけ通訳を利用できるサービスです。グローバルに活動をしたい人々の支援をこのサービスを通じて行います。
      24時間365日予約不要で、必要な分のサービスを利用でき、無駄な手間や人件費等をかけることなく、顧客の業務を効率的にサポートします。
      短期の利用の場合は、その都度申し込みを行うスポット利用を活用する人が多いです。
      日本人は外国語でのコミュニケーションが取る事が苦手な人が多いです。そのような人が生活やビジネス等で不利益を受けないように支援を行います。

      電話通訳会社その4 thebigword

      thebigwordは、世界でトップ20に数えられる電話通訳会社として世界中の人々から評価されています。
      特に技術翻訳では定評があり、言語の翻訳を行ったり、対面による通訳を行ったり、電話の通訳を行ったり、多種多様な言語によるWebサイトのサポートなどを提供しています。
      各国の企業が事業をグローバルに展開することが当たり前になった現代社会においてthebigwordのような電話通訳会社の存在は増々重要になってきており、翻訳・通訳・校正ツールに予算をつぎ込み、さらに飛躍するために力を注いでいます。

       

      電話通訳会社その5 テレコメディア

      テレコメディアという企業は、主にコールセンター業務サービスを提供する会社ですが、電話通訳会社としてのサービスも提供しています。
      一定の固定月額を支払うことで、海外の取引先との電話の際に自動で翻訳をしてくれるという画期的なサービスを提供しています。海外とのやり取りが常態化している昨今、大変需要が高いサービスだと感じます。実際、このテレコメディアのサービスを利用している企業も多く、高評価を得ているようです。これからますます利用企業が増えてくるのではないかと予想します。

       

      電話通訳会社その6 プロスパーコーポレーション

      電話通訳会社プロスパーコーポレーションは、多言語コールサービスを実施しています。このサービスは、経験が豊富な日本人スタッフからネイティブのスタッフ等様々なスタッフが行います。そのため、外国人の顧客であっても安心して活用する事ができます。
      会議、イベント、商談等対応できる分野は多岐にわたっています。また、対応できる言語も多岐にわたっています。
      プロスパーコーポレーションは、顧客の目的やプランに合わせたサービスを用意しています。
      サービスを利用するまでの手続きや操作は簡単です。

       

      まだまだあるようでしたが、とりあえず主だった電話通訳会社まとめは以上。これ以上知りたかったらさっき紹介したサイトなど使ってご自身で調べてくだされ!



↑ページトップへ戻る